̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

Unix :: コマンド / openssl



コマンド説明
opensslインターネットで標準的に利用される暗号通信プロトコルである SSL および TLS を実装し、暗号化関連の機能を幅広く提供するコマンド


SSL関連ファイルの整合性を確認する(ペアの確認)

有効期限、CN(コモンネーム)、SANs の確認

% sudo openssl x509 -text -noout -in <CRTファイル> -noout -dates | less

Certificate:
    Data:
        Version: 3 (0x2)
        Serial Number:
            xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx
    Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
        Issuer: C=US, O=GeoTrust Inc., CN=GeoTrust SSL CA - G3
        Validity
            Not Before: Nov 18 00:00:00 2016 GMT
            Not After : Nov 18 23:59:59 2017 GMT
        Subject: C=JP, ST=Tokyo, L=SHINJUKU-KU, O=Hoge.Inc, CN=www.example.com
          :
        (snip)
          :
        X509v3 extensions:
            X509v3 Subject Alternative Name: 
                DNS:www1.example.com, DNS:www2.example.com, DNS:www3.example.com, DNS:www4.example.com
          :
        (snip)
          :
  • SANs : Subject Alternate Names(1つのSSL証明書の中に2つ以上のホスト名を設定できる機能)


CRT(SSL証明書)と CA(中間証明書)の確認

% sudo openssl x509 -issuer_hash -noout -in <CRTファイル>
abcdef01

% sudo openssl x509 -subject_hash -noout -in <CAファイル>
abcdef01

→ 同じハッシュ値になれば OK


CRT(SSL証明書)と KEY(秘密鍵)の確認

% sudo openssl x509 -noout -modulus -in <CRTファイル> | openssl md5
(stdin)= abcdef0123456789abcdef0123456789

% sudo openssl rsa -noout -modulus -in <KEYファイル> | openssl md5
(stdin)= abcdef0123456789abcdef0123456789

→ 同じハッシュ値になれば OK

加えて、CSR(サインニングリクエスト)の確認

% sudo openssl req -noout -modulus -in <CSRファイル> | openssl md5
(stdin)= abcdef0123456789abcdef0123456789

→ 同じハッシュ値になれば OK





unix/command/openssl.txt